ドライブライン:PlyoCareボール(プライオボール)

Driveline Baseball
¥14,800 (2022/11/28 01:34時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しく見る
商品名PlyoCareボール(プライボール)
メーカーDriveline(ドライブライン)
カテゴリピッチング/球速UP
効果
  • 大谷翔平選手、前田健太投手も取り入れている
  • メジャーリーガーNPB選手も取り入れている
  • 肩・肘に負担のない腕の振り方を覚える
  • 腕を強く振ることができるようになる
  • 球速がUPする
目次

ドライブライン(プライオボール)の特徴

ドライブライン”と聞くと重たいボールを使った球速UPのトレーニングを思い浮かべるのではないでしょうか。大谷翔平選手前田健太投手などのメジャーリーガーやNPB選手も取り入れているので知っている方も多いでしょう。

実は”ドライブライン”とは米シアトルにあるトレーニング施設”Driveline Baseball”のことで、今回ご紹介している重たいボール「PlyoCareボール」を使ったトレーニングは、その施設で行われているトレーニングの一つです。

PlyoCareボールは重さの異なる6種類のボール(2kg、1kg、450g、225g、150g、100g)が用意されています。(硬式ボールの重さは141.7~148.8g、軟式M球は約138g)このボールを壁に投げつけている様子を見たことがあるかもしれませんが、腕を強く振ることができるようになることで球速がUPするというトレーニング方法になっています。

ドライブライン(プライオボール)の効果

  • 大谷翔平選手、前田健太投手も取り入れている
  • メジャーリーガーNPB選手も取り入れている
  • 肩・肘に負担のない腕の振り方を覚える
  • 腕を強く振ることができるようになる
  • 球速がUPする
Driveline Baseball
¥14,800 (2022/11/28 01:34時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しく見る

6種類の重量の異なるボールを重たいものから順に、ステップまたは助走をつけて壁に投げつけます。重たいボールを投げるためには、「肩・肘に負担のかからない腕の振り方を自然に見つけることになる」という理論があり(逆に言えば、正しい肩・肘の軌道でなければ重たいボールは投げることができない)自然と良いフォームが見つかる、体で覚えることができます。

重たいボールを投げるためには、「肩・肘に負担のかからない腕の振り方を自然に見つけることになる」という理論があり(逆に言えば、正しい肩・肘の軌道でなければ重たいボールは投げることができない)自然と良いフォームが見つかる、体で覚えることができます。

また、重たいボールから軽いボールへ変更することによって、より速く腕を振り抜く感覚も身につけることができます。これば、ドライブラインによる球速UPの仕組みです。重たいボールで筋力トレーニングをして球速を上げるというものではない点に注意が必要です。

感覚的には、重たいマスコットバットを振った後は、通常のバットが軽く感じる、スイングが早くなることと似た方法になります。

ドライブライン(プライオボール)の使い方

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次