\ 楽天ポイント10倍セール! /

スローイングの改善・練習におすすめの野球ギア4選

ここではスローイングの改善・練習に役立つ野球ギアをご紹介しています。ギアの選び方から価格、口コミ・評判など比較して、ぜひお気に入りの野球ギアを見つけてください!

目次

スローイングの改善・練習に役立つ野球ギアとは?

スローイング練習と言えば、やはりキャッチボールでしょう。しかし、基本のキャッチボールだけでは思ったようにスローイングが上達しない、安定しないことも事実です。また、自宅でもキャッチボールをするためには相手が必要になりますし、場所も必要になってくるのでなかなか時間が取れないこともあります。

そこで役立てて欲しいのが野球ギアです。1人でもスローイング練習ができるものだったり、遊び感覚で楽しみながら練習できるものもあります。また、今までの練習ではうまくいかなかった方も、少し視点を変えた練習を取り入れてみることで何かのきっかけを掴むこともあるでしょう。

スローイングの改善・練習に役立つ野球ギアの選び方

野球ギアの種類

まずは使用者に合わせた野球ギアを選びましょう。年齢問わず使用できるものもあれば、中高生、一般の方向けのギアもあります。特にお子さんに用意してあげる場合には気をつけてあげましょう。

野球ギアを使う場所

野球ギアをどこで使うかも考えてから購入するようにしましょう。屋内で使うのか、それとも屋外なのかを確認しておきましょう。

野球ギアの使用方法

野球ギアの具体的な使用方法はもちろんですが、1人でもできるのか(自主練できるのか)、複数人必要なのかも確認するようにしましょう。

野球ギアの価格

予算に合わせた野球ギア選びも大切です。高価なものが良いとは限りません。今回は、約2,000円〜22,000円ほどの野球ギアをご紹介しています。

フィールドフォース
スローイングパートナー

野球用品ベースボールタウン
¥1,980 (2022/06/28 22:49時点 | 楽天市場調べ)

スローイングパートナーは、スローイング時に腕が頭から離れてしまうフォームを矯正する野球ギアです。腕が頭から離れてしまうとボールが抜けてしまうだけではなく、肩・肘への負担も大きく怪我の原因になる可能性もあります。この野球ギアは写真のようにボールになっている部分を腕と頭で挟むことで、正しいフォームでのスローイング練習を可能にします。もちろん、実際にボールを投げることもできますが、ボールは使用しなくてもフォームの練習、確認としても使うことができるため、自宅での自主練習としても使うことができます。

メーカーFIELDFORCE(フィールドフォース)
価格¥1,980(税込)
カテゴリ守備/スローイング
効果
  • スローイングフォームの練習
  • 手が頭から離れてしまうスローイングフォームの強制
  • 屋内でスローイングフォームの練習ができる
  • 肘下りの改善ができる
  • 少年野球を始めたばかりの子でも練習できる

※価格は変更になっている可能性もあるため、販売ページでご確認ください。

キレダス

KIREDAS
¥4,950 (2022/06/30 16:06時点 | Amazon調べ)

キレダスはNPBでも使用実績のある野球ギアです。キレダスを使ってピッチング練習をすることで、リリースポイントの改善球速UPストレートの回転軸の改善ピッチングフォームの改善が一つでできる人気の野球ギアです。

また、キレダスは良いピッチングフォーム、リリースポイントで投げないと前に飛びません。そのため、ピッチングの良し悪しを明確に判断することができます。言葉や身振りなど感覚的な指導だけでは難しいピッチングも、キレダスを使うことで視覚化できて、その効果・変化を体感しやすいのが特徴です。

メーカーSmile Planner
価格¥4,950(税込)
カテゴリピッチング/ピッチングフォーム
効果
  • リリースポイントの改善
  • リリースポイントが前になる
  • リリース時に手首が立つ
  • 球速UP
  • ストレートの回転軸の改善
  • ピッチングフォームの改善
  • 肩・肘のリハビリ
  • 野手の送球コントロール改善、遠投距離UP

※価格は変更になっている可能性もあるため、販売ページでご確認ください。

フィールドフォース
フィールディングネット・イレギュラー

フィールドフォース
¥8,800 (2022/06/24 11:38時点 | Amazon調べ)

フィールディングネット・イレギュラーはノッカーがいなくても1人で守備練習ができる野球ギアです。いわゆる「壁当て」のようにネットにボールを投げて跳ね返ってくるボールで守備練習を行います。

使い方を工夫して打球を小フライまたはライナーに設定すれば、1人でもキャッチボールやスローイングの練習をすることもできます。

メーカーフィールドフォース
価格¥8,800(税込)
カテゴリ守備/ノック(捕球)
効果
  • 1人で守備練習ができる(ノッカー不要)
  • バットを使わないので安全
  • バウンドの調節、打球方向の調節も可能
  • ライナー、小フライ人設定すれば1人でキャッチボールもできる

※価格は変更になっている可能性もあるため、販売ページでご確認ください。

フィールドフォース
移動式フィールディングネット

フィールドフォース
¥22,000 (2022/06/24 11:53時点 | Amazon調べ)

移動式フィールディングネット1人でも守備練習スローイング(キャッチボール)ができる野球ギアです。イメージとしては、いわゆる”壁当て”と同じで、ネットにボールを投げて跳ね返ってきたボールを捕る練習ができます。

こちらの野球ギアが優れている点は、ネットの角度を調節することで、ゴロのバウンドを調節することができたり、ライナーや小フライで跳ね返るように設定することができるところです。壁当てのようなゴロ捕球の練習はもちろん、1人でもキャッチボールやスローイングの練習をすることができます。

メーカーフィールドフォース
価格¥22,000(税込)
カテゴリ守備/ノック(捕球)
効果
  • 1人でも壁当てのような守備練習ができる
  • バウンドの高さを調節することができる
  • キャッチボールの練習もできる
  • スローイングの練習にも使える
  • 軟式、硬式、ソフトボールにも対応している
  • 壁当て禁止の悩みを解消

※価格は変更になっている可能性もあるため、販売ページでご確認ください。

スローイングの改善・練習に役立つ野球ギアのメリット・デメリット

一般的なスローイング練習と比較して、野球ギアを使用した場合にどのようなメリット・デメリットがあるのか確認しておきましょう。

一般的なスローイング練習方法

キャッチボール

スローイングの基本はやはりキャッチボールでしょう。キャッチボールで上手に投げることができなければ、実際の守備機会でも狙ったところに送球することは難しいです。ただ、キャッチボールでは胸元に投げられても、守備機会になるとうまくスローイングできないこともあります。やはり、キャッチボール以外にもより実践的なスローイング練習が必要です。

また、自主練習でキャッチボールをするためには相手が必要になったり、広い場所が必要になるため、なかなか取り組めないこともあります。

ノック

キャッチボールは上手にできても、守備機会ではスローイングが乱れることもよくあります。打球に応じて足の運びも変わりますし、ランナーやアウトカウントによっても対応が変わるので焦ったりすることもあるでしょう。ノックで上手にスローイングできなければ、やはり試合でも安定しないはずです。

ただ、自主練習でノックを受けるのはなかなか難しいでしょう。ノッカーが必要ですし、場所も道具も必要になります。

野球ギアのメリット・デメリット

このような一般的なスローイングの練習方法と比較して野球ギアを使用するメリットは、次のようなことが考えられます。

  • スローイングの自主練習ができる
  • 1人でも練習できる
  • 場所を選ばず練習することができる

一方で、次のようなデメリットもあります。

  • 野球ギアの効果は様々
  • 種類が多くて迷う
  • なかにはおもちゃのような野球ギアも・・・

つまり、購入前によく検討することが大切になります。筆者自身も野球人(今はソフトボール)なので、「あれもいいな、これも欲しいな」といつもネットサーフィンしていました。そんな時に簡単に比較できると便利だと思い、このサイトを作っています。ぜひ、お役に立てていただければ幸いです!あなたのおすすめ野球ギアもぜひ教えてください!Twitterやこの記事へのコメントお待ちしております!

野球ギアでスローイングを改善しよう!

今回は約2,000円〜22,000円ほどの価格帯の野球ギアをご紹介しました!気になる野球ギアは見つかったでしょうか?ぜひお気に入りの一つを選んで練習に取り入れてみてください!

目次
閉じる